読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

単純主義、複雑主義

 

功利的理性批判 民主主義・贈与・共同体

功利的理性批判 民主主義・贈与・共同体

 

 社会学や政治哲学をはじめとして他の社会科学が、経済学のさまざまな単純主義に対抗するのに難儀していることには変わりがない。

その理由は、これらの社会科学が多様な思想潮流や党派へと細分化されており、

それらが、経済学帝国の支配に抵抗するための最低限の統一に至ることのないまま、それぞれが戦闘状態にある王国として相対立としているところにある。

それゆえ私たちは大いに、人間学的{人類学的な}単純主義に甘んじることのない

あらゆる思考の学派に対して、その最小の公分母を見つけ出し、それを定義付け、さらには明確に共有出来るものとする必要があるのだ。

(p14)

私は単純主義であるべきではないのかもしれない。

人間には分析という能力があり、それによって、単純主義は分析され、分析主義者によって操作されてしまうからだ。(この表現は適切ではない)

 

ここで、私は人類という、おおまかな区切りは適当ではないということに気づいた。

人間の考え方は、どの時代においても、一緒であり、別々の考えを持つからだ。

異端思想の500年: グローバル思考への挑戦 (学術選書)

異端思想の500年: グローバル思考への挑戦 (学術選書)

 

ギリシア人の中には、神話を信じない人間もいたし、それに対して半信半疑の人間もいた。つまり、すでに古代ギリシアの昔から、啓蒙主義者もいたし、理神論論者もいたし、経験論者もいたし、懐疑論者もいた。

(p14)

古代から、人間の考え方は、あるカテゴリ化することができる、というのを認めなくてはならないだろう。

もし、人間の考え方が一緒であれば、何か人々は主張する必要が全くなくなるからだ。

私達の思想が完全なものであれば、私達はコミュニケーションの必要が無くなることを意味する。

無能な者たちの共同体

無能な者たちの共同体

 

中世ヨーロッパにおいて、天使たちの言語について、さまざまな議論がなされてきた。

例えば、ダンテなら天使は言葉を持たないというだろう。なぜなら、天使は完全な知性であり、他者―他の天使を含めて―の思考を全て知っているからである。

天使は互いに直接に認識しあう。ある思考が生起したなら、その瞬間に、何の遅延もなしに、他の天使は、それを知る。

(p30)

 

つまり、私達人間は有る一定のカテゴライズ出来る思想、思考を別々に持っていると定義できる。

そして、その場合に私は、ある主義思想には、必ずある弱点(この表現は適切ではない。)と呼べるものがあると定義したい。

単純主義は分析主義に。もちろん、これは対の関係ではない。

分析主義は、相対主義の申し子だろう。

もし、私が単純主義であれば、分析主義は憎悪の対象となりえる。

 

単純主義の利点は共通思考が出来やすいことである。

これは、全体主義国家主義を見れば明らかである。

共通の思考ができるというのは、共通の目標を持ちやすくする。

そして、効率化を求めるため、コミュニケーションを少なくしていくことだろう。

完全な存在へと接近していくのだ。

 

しかし、単純主義は分析主義によって、解体される。

なぜなら、分析主義によって、単純主義者の共通の企みが明かされてしまうからだ。

単純主義者の共通の企みは、単純主義者以外の抹消である。(ここの表現は適切ではない。)

そして、単純主義は、自分の環境のみ正しいと考える。

当然、ここでは、単純主義などという、普遍的な概念ではなく、

民族主義国家主義選民思想が当てはまる。

 

単純主義を擁護するつもりで書いたのに、批判する内容になってしまった。

 

単純主義者の企みの、最終到達点は、コミュニケーションを不要とする、徹底的な単純化、効率化であった。

しかし、これの問題点は明らかである。

単純化した者同士でしか、意思疎通が出来ないため、多様性を獲得することが出来ない。

しかし、この多様性というのは曖昧な語であることは認めよう。

 さらに人間がコミュニケーションを不要とすることはあり得ないので、必ず単純主義も限界を抱える。

 

複雑性とは、相対主義でもある。

相対主義相対主義によって相対されえない。

ここで図式を単純化することが出来る。

絶対主義 対 相対主義 → 分析主義

  ↓      ↓

単純主義 対 複雑主義

 

ここで絶対主義にならないために、どうすればよいかは簡単である。

単純化、効率化を求めなければいい。それしかない。

私達人間が、広く協力し合い。争いを徹底的に避けるためには、

複雑化と非効率化(当然、複雑になれば非効率なのは自明だ。)が平和の鍵である。

(ここで言う、単純化の対が複雑化というのは表現が曖昧すぎる・・・)

 

フュージョンッハ!!